浄土宗八幡山浄光院 森巖寺

年間行事

年間行事

 元旦 修正会
 2月8日 針供養
 春分の日 春彼岸
 4月8日 開山忌
 5月15日 施餓鬼会
 7月13日 お盆会
10月15日 お十夜会
12月中旬 浄焚祭り

定例行事

毎月1回
日曜日午前9時~
お念仏会
毎月1回
土曜日午後2時~
写経会
毎週日曜日
正午12〜午後2時
不動堂護摩供法要

修正会(元旦)

新しい年が浄土のような平和な年であるようにと祈ります。新しい年を迎え、菩提寺の阿弥陀さまに感謝の心をたむけ、お墓参りをし、ご先祖さまと共に新年を迎えましょう。

針供養(2月8日)

お十夜会 この法要は、當寺開祖清譽上人が紀州の加太より淡島明神(少名彦名命)を勧請されお祀りしている淡島堂での法要です。江戸時 代には針仕事をしていた方が毎年2月8日だけお休みし、針の供養に訪れました。現在では針を使うことが減った為、法要を通して身のまわりの物への感謝、大 切にする事をお参りの方々や子供たちに伝えています。(一般参加可能)

 

 

春彼岸(春分の日)

春彼岸お彼岸は中日に当たる春分の日をはさんで、前後3日、計7日間です。昼夜の長さが同じになる春分の日は、最も均衡のとれた最好時と考えられ、この日を仏道精進する好機と考え、檀信徒の皆様に集まっていただいてます。また、法要後は落語等の余興を楽しんでいただいています。

 

 

 

開山忌(4月8日)

開山忌當寺開基 結城中納言秀康公(1574〜1607)の命日。森巖寺の開創は1608年(慶長十三年)のことでした。

 

 

 

 

 

 

施餓鬼会(5月15日)

施餓鬼会餓鬼道に堕ちて苦しむものに、飲食を供養してその菩提を弔う法会です。私達はつい自分ひとりの力で生きていると錯覚する狭い 心(=「餓鬼」の心)が生まれがちです。この狭い心を開き、「心の餓鬼」を救い、有縁無縁に対して施しの心を持ち、その功徳を各家の先祖代々の諸霊に回向 する法要です。

 

 

 

お盆会(7月13日)

お盆会各家庭を中心とした先祖供養の法要です。これは、昔から日本人の心に深く浸透した信仰で、先祖への感謝、孝心と生命の貴さを教える法要です。当日は、午前と午後の2回に分けて法要を営みます。

 

 

 

お十夜会(10月15日)

お十夜会お十夜は、『無量寿径』に「此れに於いて善を修すること十日十夜なれば、他方諸仏の国土に於いて善をなすこと千歳するに勝れたり」とあるのに基づくと言われています。つまり、お念仏中心の法要で、大数珠回しと共に行ってお念仏の功徳を檀信徒の皆様に積んで頂く法要です。

 

 

 

浄焚祭り(12月中旬)

浄焚会仏壇、仏具を新しくされ、ご不要になった仏具を今までの感謝の気持ちをこめ、最後の法要を捧げ魂を抜いて、お焚き上げ、ご供養する方法です。当日は経木塔婆に供養する物と施主の名前を書いてお焚き上げ致します。

 

 

 

定例行事

お念仏会(毎月1回 日曜日午前9時~)

お念仏会この行事は、お念仏を中心に、日常勤行を皆様と一緒にお勧めし心の修養を行います。(一般参加可能)

 

 

 

 

写経会(毎月1回 土曜日午後2時~)

平成15年5月から始まった行事で、お経の説明を受け、一字一字心をこめて書き写し、御仏の教えに静かに浸る、大切で有意義な時間を過ごしています。(一般参加可能)

 

 

 

 

不動堂護摩供法要

毎週日曜日 正午12〜午後2時
家内安全・交通安全・安産成就・身体健全・厄除け・事業繁栄・合格祈願等々請願一切の成就をご祈祷いたします。

〒155-0032 東京都世田谷区代沢3-27-1 TEL 03-3421-1730

PAGETOP
Copyright © 浄土宗八幡山 浄光院森巖寺 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.